弁護士の転職事情

司法制度が変わったことによって、弁護士の供給過多の問題が出てきています。

弁護士の転職事情

弁護士の転職事情

弁護士の転職事情
数年前から新しい司法制度が導入されたことによって、司法試験の概要も変化しています。
このため、かつてと比較すると、司法試験に合格する人が多くなっているといわれています。
逆にその結果、弁護士の求人情報についてですが、激減しているところがあります。
そこで、弁護士がどのようにして転職や就職をするかということが課題になってきています。
また最近では、不景気の影響が弁護士の業界にも波及してきているといわれています。
その結果、法律事務所でも、リストラをするところが出てきているといわれています。
ですから、現時点で弁護士が転職活動をすることは難しいかもしれません。
しかし中には、転職をうまく成功させている人もいることは事実です。
転職に成功をするためには、あなたがどのような弁護士事務所に転職をするかということがポイントになってくるでしょう。
弁護士事務所によって取り扱っている案件はいろいろとあります。
その取り扱っている案件に対して、あなたがきちんとした実績を残すことができていれば、転職できる可能性が高まります。
自分の徳分野や実績をいかにして生かせるかということをイメージしながら、転職先を探していくことが、転職を成功させるための近道といえます。

個人事務所への転職

個人事務所は文字通り、弁護士が個人経営をしているところのことを指します。
このような事務所が、ほかの弁護士を採用する可能性は正直言って、低いでしょう。
しかしたとえば自分のクライアントを保有していて、自分がそろそろ引退をしようかと思っているときに、後継者として弁護士を採用する可能性があります。
この場合、パートナーのような立ち位置で仕事をすることになるでしょう。
個人経営の法律事務所の特徴としては離婚や相続、交通事故の示談交渉、不動産の問題、少年事件といったような、一般民事の事件を取り扱っているところが多いです。
このような事件を多く取り扱っている弁護士であれば、転職の可能性もなくはありません。
この場合転職を成功させるためには、自分に事務所がもっているとき分野と同じ専門分野におけるスキルが必要になってくるでしょう。
そこで、個人事務所がどのような案件に特化して、事件を取り扱っているかについて、きちんと確認をすることをお勧めします。
また弁護士の中には、将来的には独立することを検討している人もいるでしょう。
その場合には、まずは個人事務所に転職をして、事務所の切り盛りの仕方について勉強をすることも検討してみるといいでしょう。

Copyright (C)2014弁護士の転職事情.All rights reserved.